高麗人蔘は、不老長寿の伝承薬として長い歴史を持ち、2000年以上も前から東洋の人々は病魔や老衰から人々を守る神秘の薬物として、さまざまな神話で語り継がれています。親の病魔を治すために孝行息子が山の神霊から高麗人蔘を授かるという物語もそのひとつです。

現在に伝わる最古の薬物書『神農本草経集注』では、薬物を上薬(生命を養い不老長寿をもたらす薬)・中薬(養生に用いる薬)・下薬(病状改善に用いる薬)の3つに分けている中で、人蔘は上薬とされ、多用や長期服用しても副作用がなく、体を軽くし気を増やし、老化せず長生きできるとあります。その記述は、"五臓を補い、精神を安んじ、魂魄を定め動悸を止め心を開き、知を益する。久しく服用すれば身を軽くし年を延ばす"と記されています。





不老長寿の伝承薬として長い歴史を持つ高麗人参は、多くの薬効と処方例などが発表されています。
その中でも有名なのが中国で2000年以上の歴史に基づく経験から、現在の医療にも利用されているのが「人参七効説」です。



補気救脱

高麗人参は、精力を補ってくれるもので、各種・急慢性の病気によって体力が消耗した時や、
一時的な虚脱状態に効果がある。即ち、体力を増進する作用を持つ。


益血復脈

高麗人参は、血液生成を旺精にさせることにより肺臓と脾臓の機能を助け、
貧血による全身の新陳代謝の異常を改善するのと同時に、造血と血液循環を円滑にさせる。
即ち、血流を改善する作用を持つ。


養心安神

高麗人参は、心を安らかにし、神経を安定させ、
血液循環不全や心臓の機能低下から起こる精神不安を解消する。
即ち、様々なストレスを解消させる作用を持つ。


生津止渇

高麗人参は、肺と脾臓および胃の機能低下を改善し、全身の機能を増進させ、
人体が必要とする体液を十分に供給することにより、渇症(糖尿病)の治療に有効である。
即ち、糖・脂肪・蛋白代謝(三大代謝)を改善する効果を持つ。


補肺定喘

高麗人参は、肺の機能が虚弱なために起こる喘息や咳などの症状を和らげ、
あわせて脾臓の気を助け精気を充実させる。
即ち、呼吸を安定させることにより、呼吸器系の病気に効果を持つ。


健脾止瀉

高麗人参は、胃腸を丈夫にして下痢を止め、消化器管を丈夫にすることによって消化機能を助ける。
即ち、消化器管を丈夫にし消化機能を助ける


托毒合瘡

高麗人参は、体内の毒素を除去し、
代謝機能不全によって起こりやすい病気に対して抵抗力を増進させる。
即ち、細胞の機能を正常化し、腫瘍などに有効に働く






■正官庄紅蔘の品質と評価Ⅰ

薬用人蔘の正官庄紅蔘は、天然物そのものを素材とした生薬です。
生薬は、産地、栽培方法、加工調整法により、含まれている有効成分の種類や分布、含有量、薬理活性にまで影響が及びます。

学術名:パナックス・ジンセンC.A.メイヤー(Panax Ginseng C.A.Mayer) 和名:オタネニンジン
科目: ウコギ科   主成分: サポニン

生薬の品質にバラツキがあれば、同一用量、同一効果が基本であるべき医薬品にとって臨床応用上の結果も左右される事態となりますが、薬用人蔘研究会 (現:日本紅蔘研究会)の研究試料である、韓国の高麗紅蔘(大韓民国人蔘公社製)は、100年以上の歴史を持つ栽培方法や加工調整により、規格や品質が厳重に守られており、中国・韓国・東南アジアでは伝統的な最高品質の人蔘として高く評価されています。

薬用人蔘研究会(現:日本紅蔘研究会)では、この高麗紅蔘(大韓民国人蔘公社製)の 薬理や効能について四半世紀にわたって研究を行い、世界の薬用人蔘研究のスタンダード(世界標準)となる多くの業績を発表してきました。

もともと生薬の効能と品質は分けては考えられず、その効能と品質が他の人蔘一般に当てはまるものではありませんが、薬用人蔘研究会(現:日本紅蔘研究会)の業績は、研究対象である高麗紅蔘=正官庄6年根紅蔘(主根本体を使用)と切り離されるものではありません。

薬用人蔘研究会(現:日本紅蔘研究会)の研究試料である大韓民国人蔘公社製:正官庄紅蔘(6年根主根)を、効能・品質の両面で薬用人蔘研究のスタンダードとし、さらなるアプローチを進めています。



▲人蔘の葉柄は、1年目は1本、2年目は2本、3年目は3本と増えるため、葉柄を数えれば栽培年数でわかる。人蔘の成長は6年目で完成し、葉柄は通常7本以上にはならない。6年根は糖質が減り、サポニンがぐんと増える。

▲紅蔘の断面 6年根には6つの年輪がある



■正官庄紅蔘の品質と評価Ⅱ

高麗人蔘は産地や栽培年数、品質によって薬効に大きな違いが出ます。
最高品質の高麗人参は、韓国北部一帯にある国の指定した畑で栽培された6年根です。
6年根の栽培には大変な根気と手間がかかり、韓国では国からの資金援助によってこれを保護し、一方で畑選び、栽培方法、栽培年数などを厳しく管理しています。

収穫された6年根は準国営企業である大韓民国人蔘公社の工場に集められ、紅蔘製品に加工調整され品質検査を経て、国が品質を保証するという意味の『正官庄』という商標をつけて出荷されます。

韓国では李王朝時代から百年以上にもわたって、6年根は国のみが製造し民間では製造できないという専売制度により、最高品質の高麗人蔘の製造を保護してきました。
現在でもこの仕組みは引き継がれ、大韓民国人蔘公社でのみ、6年根を原料にした高麗人蔘製品が製造されています。 つまり、『正官庄』の商標こそが本物の6年根製品の証明なのです。

民間品は、高麗人参の4年根を使用し表皮を剥いで乾燥し白蔘にします。
高麗人蔘の有効成分の一つサポニンは表皮周辺に最も多く、白蔘ではその加工法のため、大切な部分が失われていますが、大韓民国人蔘公社の工場では、6年根はすべて伝統的方法で蒸して乾燥し、紅蔘に仕上げています。



▲紅蔘加工により人蔘サポニンの含有量は増加するが、産地の違いによって含有量に差がある。サポニン含有量の産地間比較では、韓国産>日本産≧中国産と報告されている。これは、紅蔘加工の際の加熱時間の長さの違いも一因と考えられている。(寒川慶一ほか:高速液体クロマトグラフィーによる各種薬用人蔘サポニンの一斉分析.薬学雑誌 115:241(1995))


▲サポニンの存在部位

紅蔘・・・生の人蔘をいったん蒸して乾燥し美しい飴色に仕上げます。体に吸収されやすくなり、品質が安定されるなど利点が生まれます。
白蔘・・・皮を剥ぐため、皮の周辺に多いサポニンが失われます。






老人性痴呆の予防および治療と認知機能の低下抑制期待!



血液の循環を改善し血圧調整に期待!



抗がん・ガン予防に期待!



糖尿病の予防および治療に期待



アルコール解毒を促進し、二日酔いを軽減!



性機能を増進!



抗疲労やストレスを緩和!



加齢による老化を抑制!



免疫機能の抑制回復効果に期待!



抗AIDS(後天性免疫不全症候群)・抗ウィルス作用に期待!



肥満や高脂血症の抑制に期待!



← ドラッグストア ザグザグ 公式ホームページへ

ページトップへ